水戸市旧町名標示柱の補修報告 水戸市 石材店 お墓

皆様こんにちは。

創業明治23年 石の老舗こしば石材です。

本日も水戸市の旧町名標示柱補修のご報告をいたします。
第8回目の補修のご報告となります!
今回は上町の寿町と下市の七軒町、江戸町、檜物町、裡二町目、肴町をご案内いたします。

寿町

寿町前後
寿町(ことぶきちょう)(設置場所:緑町1丁目 信願時参道)
藩政初期の正保年間(1644~1648)常葉村から町方に編入され、河和田村への通り筋のため河和田横町と称されました。昭和九年の市内町名改称で寿町に改めました。(昭和43年4月町名廃止)

七軒
七軒町
七軒町(しちけんちょう)(本町1丁目2番14号 歩道)
藩政初期の寛永2年(1625)ころに開かれた町の一部で、当時七軒商家があったので七軒と呼ばれました。制札場が置かれ、江戸街道の城下への出入口にあたりました。(昭和51年1月町名廃止)

江戸
江戸町
江戸町(えどちょう)(設置場所:本町1丁目 裡1丁目児童公園内)
寛永年間に開かれた町で、肴町魚問屋の荷を江戸へ送り出す商人居住の町として、江戸肴町と呼ばれました。宝永(1704)のころからは江戸町となりました。(昭和51年1月町名廃止)

檜物町
檜物町前後檜物町(ひものちょう)(設置場所:本町2丁目5番 コバヤシ理容所様角)
藩政初期の寛永2年(1625)ころに低湿地帯を埋め立てて開かれた町の一部で、桶工、指物職などの木工関係の職人が多く居住していたため、この町名が付けられました。(昭和51年1月町名廃止)

ペンキ
洗浄
裡二町目(うらにちょうめ)(設置場所:本町1丁目13番10)
藩政初期の寛永2年(1625)ころに低湿地帯を埋め立てて開かれた町の一部で、本二町目の南裏にあたることから、裏(裡)二町目と名付けられました。(昭和51年1月町名廃止)

肴町
肴町前後
肴町(さかなまち)(設置場所:本町2丁目6番19)
藩政初期の寛永2年(1625)ころに低湿地帯を埋め立てて開かれた町の一部で、藩内の各浜で捕れた魚の取引所とされ、魚問屋や魚商人が多く集まり、「さかなまち」と呼ばれました。(昭和51年1月町名廃止)

NHK 日テレ 私たちの取り組みがマスコミに紹介されました。マスコミの皆様、ありがとうございます。

お気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら TEL:0120-310-148