お盆に備えて~お塔婆立て新規設置工事~

皆様こんにちは。

創業明治23年 石の老舗こしば石材です。

もうすぐ8月のお盆ですね。
大切なご先祖様をお迎えする準備として、お塔婆立ての新規設置工事のご依頼を承りました。


設置位置を決め、モルタルを流し込むように地面を掘ります。

モルタル流し込み写真
今回、設置場所が限られているため、塔婆立ての足元にだけモルタルを流し込みました。

完了写真

ステンレス塔婆立てをしっかりと固定します。

***************************************
【塔婆立ての材質について】
錆びにくいという点では同じようにアルミ製の塔婆立てもあります。(弊社では取り扱っておりません)
しかし、アルミは金属の中では最も軽く、強度はあまり強くないのです。また、柔らかいためキズもつきやすいのです。
これらの点を考えますと、やはりアルミよりステンレス製の塔婆立てをお勧めします。
また、このタイプの塔婆立ては、設置場所がいろいろ選べるのもポイントです。
お塔婆は、墓石の後ろに立っているイメージが強いですが、お墓の敷地内であれば、他の場所でも大丈夫です。
例えば、墓石の横、お墓の敷地内の端、墓誌の横など様々です。
広いお墓の場合は、石材店に相談しながらベストの場所をお決めになると良いでしょう。

【お塔婆立ての管理について】
耐久性のあるステンレス製塔婆立てですが、古くなったお塔婆をいっぱい立てたままにしておくと、台風など強風の場合は塔婆立てにかなりの負担がかかります。塔婆立ての破損につながる恐れがありますので、古くなったお塔婆は定期的に処分することをお勧めします。

石の塔婆立て
上の写真は、お塔婆立てと外柵が一体化しているタイプです。
石製なので強風の心配もなく、羽目と一体化しているためすっきりとして見えます。
外柵のリフォームをされる場合は、是非ご検討下さい。

***************************************

石やお墓に関する事なら何でもお気軽にご相談くださいませ。

ご連絡、お待ちしております!

〒310-0064

茨城県水戸市栄町2-7-23

℡ 029 – 231 – 0570

フリーダイヤル 0120 – 310 -148

石の老舗 こしば

#水戸市 #お墓 #墓石 #石材店

ご予約・お問い合わせはこちら TEL:0120-310-148