『桜』『本』『恩愛』『静偲』──故人への思いが詰まった唯一無二のお墓

春別府家

かつての墓は鹿児島にあったが、令和四年にこの地に移した。
故郷の景色を思い出せるよう、正面には桜島を描いた。
母は花が好きで、特に家の前の桜を愛でていたことから、
石材には桜と緑のある桜御影石と印度八重桜を選定した。
本の形を象ったのは、父が執筆を、娘が読書を好んだからである。
娘は多くの蔵書を持ち、出版の仕事に携わっていた。
この本は、先祖代々の歩みと想いを記したものである。
開かれた頁には、「恩愛」「静偲」という二つの言葉を刻んだ。
恩愛は、親子、夫婦や親族の間の情愛と絆である。静偲には、
以下の思いを込めた。

───この地に来たときは、心静かに私達を偲んで下さい。
───この地に来たときは、心静かにあなた方を偲ぶでしょう。

ご予約・お問い合わせはこちら TEL:0120-310-148